育毛剤に含まれるアルコールは頭皮に良くない!

多くの育毛剤にはアルコールが含まれています。しかし、アルコールには頭皮にとって悪い要素がいくつかありますのでよく知っておく必要があります。ここではアルコールが頭皮に悪い理由を紹介します。

 

■どうして育毛剤にアルコールが含まれているのか
育毛剤にアルコールが含まれている理由は、添加物としての利用と細胞の活性化の2つを挙げることができます。アルコールには殺菌効果があり、食品などにも日持ちを良くするために使用されています。また、アルコールは毛細血管を拡張する働きがあります。揮発性で非常に強い刺激性があり、すっきりとした使用感を生み出します。

 

■アルコールが頭皮に悪い理由
○アルコールはタンパク質を分解する
アルコールにはタンパク質を分解する力があります。これにより髪の毛や頭皮の細胞を死滅させる恐れがあり、頭皮にとって悪い影響となる可能性があります。

○刺激が強く、かぶれなどの原因になる
アルコールの刺激は人によって爽快感となりますが、敏感肌などの方には強い刺激となり、かゆみやかぶれを生じる可能性があります。頭皮がかぶれてしまうとバリア機能が失われ、皮脂などの分泌バランスが崩れた結果、薄毛を進行させてしまうこともあります。

○体質によってアルコールに弱い人もいる
特に日本人はアルコールに対する耐性があまりなく、塗っただけで赤くなる人もいるほどです。アルコールの耐性は体質に依存しますので、強い反応を示す方は使用を控えた方がよくなります。

以上の理由でアルコールは頭皮に悪影響を及ぼします。育毛剤を使用する際はアルコールの配合量にも注意するようにしましょう。

 

■確実な育毛対策をしたいなら
育毛対策に確実というものはありませんが、かなりの確率で効果が期待できるのがプロペシアという育毛治療薬です。病院などでも使われており実際に多くの方が利用しています。確実な育毛対策を行いたい方は専門クリニックに足を運んでみてもいいかもしれませんね。多くの専門クリニックが初回の相談無料を行っているみたいですよ。